25 more languages
42 country-specific versions
25 more languages
back

クレメンス・ヨース

EUTOPインターナショナル社 創立者・最高経営責任者 (CEO)

クレメンス・ヨースはミュンヘン大学で経営学を専攻し、1998年に同大学で「Interessenvertretung deutscher Unternehmen bei den Institutionen der Europaischen Union(EU諸機関に対するドイツ企業の利益代表活動)」をテーマとした博士論文を執筆しました。ヨースは欧州議会議員の個人秘書を務め、その後1990年にEUTOPインターナショナル社を設立しました。
ミュンヘンに本拠を置くEUTOP International GmbHは、ブリュッセル、フランクフルト、ベルリン、ウィーン、ブダペスト、プラハ、上海にオフィスを構え、パリ、ローマ、ロンドンにオフィスを構え、北京、東京、ニューヨークにもオフィスを構えています。EUTOPはプロセス・構造志向ガバメントリレーションズ(PSGR®)を専門とする企業です。EUTOPグループを率いるのは最高経営責任者のクレメンス・ヨースです。博士課程論文の後にも、利益代表活動をテーマとした数々の出版物を英語・ドイツ語・日本語で執筆しています。さらにヨースは、2013年よりミュンヘン大学経営学部において「Convincing Political Stakeholders」分野の講師を務めています。

ヨースはミュンヘン本部からグループ全体の指揮を執っています。また、さらに、ロンドンパリローマの各拠点におけるビジネス開拓の直接の責任者でもあります。

クリスティアン・シャウフラー

取締役
最高総務責任者(CAO、チーフ・アドミニストレーション・オフィサー)

クリスティアン・シャウフラーはテュービンゲン大学で法学を専攻後、テュービンゲンとロイトリンゲンで司法修習を終えました。2004年に第二次司法試験に合格した後、ロイトリンゲンの監査法人/法律事務所RWTグループに所属する弁護士として活動しました。2007年にバーデン=ヴュルテンベルク州議会のCDU議員団長事務所に籍を移し、2008年には同所長に就任します。その後2010年2月から2011年5月まではバーデン=ヴュルテンベルク州首相事務所長を務めました。2011年9月、シャウフラーはミュンヘンのEUTOPインターナショナル社チーフ・アドミニストレーション・オフィサー(最高総務責任者)として迎えられました。 この職務では、2018年からEUTOP International GmbHの2019年までFirst Management&IT Services GmbHのマネージングディレクターも務めました。

 

ゲルハルト・ザバティール

政治学教授

元大使

EUTOPベルリン社取締役

ザバティール教授はミュンヘン大学と米国バージニア州立大学で経済学と歴史学を専攻しました。卒業後の1982年に、当時ボンにあったドイツ商工会議所に勤務し、その後1984年から2010年までは欧州委員会において、競争総局、欧州委員会産業担当副委員長官房、予算総局長事務局長、西バルカン半島担当課長、外交戦略・調整部局ディレクターを歴任しました。

2011年には欧州対外行動局の監察官に就任し、2015年まで東アジア・パシフィック地域担当ディレクターを務めました。また、ノルウェー、アイスランド、ドイツおよび韓国の欧州連合代表部においてEU大使を務めるほか、プラハ、ブラティスラヴァ、欧州安全保障協力機構(OSCE)では欧州連合の代理公使として活躍しました。

高等教育分野では、ベルギー・ブルージュの欧州大学院大学、中国・成都市(チェンドゥ)の四川大学、1996年からはプラハ経済大学で客員教授として教鞭を取っています。ザバティール教授はベルリン欧州アカデミーの会員であると同時に、さまざまなNGOの理事会メンバーも兼任しています。ドイツ国籍とハンガリー国籍の両方を有するザバティール教授は、2017年9月にEUTOP Berlin GmbH(ベルリンEUTOP社)の取締役に就任しました。

コンラート・クロイツァー

EUTOPウィーン社 取締役
EUTOPブダペスト社 取締役
EUTOPプラハ社 取締役

コンラート・クロイツァーはミュンヘン大学で法学と経営学を専攻しました。 1977年に第二次司法試験に合格した後、バイエルン州内務省に入省しました。1986年から公法担当長に就任し、その後はバイエルンヴェルク社で法務・不動産部門の長を務めました。1993年にユーロ・バイエルンヴェルク社の取締役に就任し、同社の国際ビジネス開発の責任者となりました。1997年にはブダペストのE.ONハンガリー社の代表取締役となり、2002年から2008年まではスロバキアのZapadoslovenska energetika社およびE.ONスロバキア社の代表取締役も兼任しました。クロイツァーは2015年10月にEUTOPウィーン社の取締役に就任し、2016年2月からはEUTOPブダペスト事務所およびEUTOPプラハ社の取締役も兼任しています。